賃貸にかかるコスト

賃貸への入居とかかる費用

賃貸の入居契約と連帯保証人

賃貸アパートの入居契約においては、不動産会社からさまざまな保証が求められます。入居する契約者が、家賃滞納、設備を壊した等の問題を起こした際の人的保証もその一つです。不動産賃貸契約で求められる人的保証は、連帯保証人です。その責任は重く、契約者が問題を起こした際は、契約者と全く同じ責任を負わねばなりません。ですので、親や兄弟姉妹などの親族がなるのが一般的です。家賃滞納の際の責任を負うことが想定されますので、一定以上の収入を得ていることが条件となります。しかし、昨今は保証会社を取り入れる不動産会社が多くなったため、ほとんどの賃貸物件は連帯保証人なしで契約できるようになりました。

賃貸に入居することのメリットは

賃貸物件を選んで入居するメリットは、コストがあまりかからないという点です。家を購入するとなると、何千万円という資金が必要になります。そして、自己資金が用意できないとなると、銀行からお金を借りて建てる必要があります。しかし、将来的に借金を返済するのは非常につらいですし、いつ収入がなくなるのかもわからないため、必要以上に借り入れをするのは危険です。その点、賃貸ならば、初期投資はほとんど必要なく、毎月賃料さえ支払っていれば良いため、将来的な負担を残すことはありません。したがって、資金に余裕がないならこちらの方が賢い選択肢です。

↑PAGE TOP