賃貸契約の保証人とは

賃貸契約時の注意する点

賃貸物件入居前に交わす契約書

賃貸物件に入居する際には契約書を交わしますが、そこには貸主と借主の権利関係について詳細に書かれています。契約自体は口約束でも生じますが、形に残しておかないと両当事者で言った、言わないといった争いが生じてしまいます。そこで、契約書という形に残して、のちに紛争が起こらないように合意をまとめておきます。基本的に、不動産屋を通して借りる場合は、賃貸借契約を結ぶ際に直接両当事者が相対することは少なく、不動産業者が取次ぎを行います。ただし、契約は大家と店子の間で成立するため、よく内容を確認しておく必要があるでしょう。

入居しやすいという賃貸の魅力

賃貸物件の入居をする際の審査は特に厳しくはないため、住み始めやすいというメリットがあります。結局は大家次第ではありますが、安定した収入があり、賃料を十分支払うことができる水準であれば、特に拒否をされることはありません。ただし、大家によっては保証人を求めてくるケースがあります。そのような時には、親類を頼るのが確実ですが、それがなければ保証会社を利用するのも良いでしょう。ただし、求めないところも多いため、保証人をつけたくないというのであればそういった物件を探すようにしましょう。賃貸を探す際に基本的な事項です。

↑PAGE TOP